後遺障害認定トラブル

後遺障害による認定トラブルは後を絶ちません。
自分自身には様々な後遺症が残っていると思っていても実際に検査をしてみると、ほとんどの障害が残っておらず特に問題はないと認定されてしまうケースや、自分で思っていただけで認定されずに満足できる出来ない等級になってしまい、慰謝料を受け取ることができないなどといったトラブルが相次いでいるのですが、このような後遺障害の認定トラブルというのは自分自身と保険会社や医師と話をしていても解決することはなくいつまでも埒があかない状態となってしまいます。


そのためしっかりと解決させて満足のいく状態に持ち込むためには弁護士の力を借りるのが1番です。
もちろん弁護士の力を借りても本当になんの障害も残っていない場合には、後遺症認定は行えませんが、少しでも後遺障害の等級に当てはまるような症状が見られるのであれば保険会社が指定する病院などではなく後遺障害について適切な知識をもち検査をしてくれるような病院で再検査を受けることも可能になっています。


自分がどんなに被害者になってしまった場合でも、素人が医師や保険会社と話をした場合には取り合ってくれないことがほとんどですが、弁護士の力を借りることによって法律的な部分で本当に正しい検査をしたかどうかといった視点から問われるので、再検査をしてもらうことができる可能性が高くなります。
弁護士費用なども気になってしまう部分ではありますが、最終的に後遺症認定が認められ、慰謝料が決まった場合や増額となった場合には、そういった慰謝料の中から弁護士報酬が決まってくるので、相談する段階でさほど心配する必要はありません。


▽管理人特選サイト
交通事故によって後遺症が残ってしまった場合に慰謝料交渉などを行ってくれる弁護士事務所です・・・交通事故 後遺症

Copyright © 2014 後遺障害の認定など All Rights Reserved.